アフターピル飲んだけど避妊に失敗した話

私は、二十九歳既婚者で夫と一人の息子がいます。

夫とは付き合ってわずか半年で授かり婚をしました。

私はもともと妊娠しやすいタイプではなかったので、ピルやアフターピルのような特別な避妊法をしなくても今まで妊娠した事がなかったのですが、どういう訳か今の夫とはものすごく相性がいいみたいで付き合って半年で妊娠してしまいました。
周りの人たちにびっくりされながらも私達はめでたく夫婦になり、授かった子供を出産する事にしました。

夫は、私より五歳年下で付き合いだした時はまだ二十一歳だったのですが稀にいる「結婚願望が強い若者」で付き合い当初から結婚してくれ~子供が欲しい~と言われていました。

 

付き合った期間が短く彼の事をよく知らないまま妊娠→結婚となってしまったのでうまくやっていけるか不安はありましたが家族や友人の助けも借りて、無事に長男を出産しました。

それからは、育児と家事に追われて一ヶ月が一週間くらいのスピードで時が過ぎていきました。

息子が生後10ヶ月になり正直、息子のめんどうをみるのが精一杯だったのでこのまま一人っ子でもいいかなと思い始めた頃でした。
夫が避妊をしなくなったのです。

 

たとえ、普段の生活での主導権は私にあっても夫婦とは難しいものでsexの時は夫のいう事をきかないとものすごくふて腐れて不機嫌になり大規模な喧嘩に発展したりします。

普段が優しく、子煩悩な夫なだけに強く拒否できない部分がありました。

そこで、私はアフターピルに頼ることにしました!今思うとこれが最大のまちがいだったのですが…その時は月に一回くらいしかsexしないのに毎日飲む低用量ピルは面倒くさいし、値段が高いから危険日近くにsexした時だけアフターピルを飲もう!と自分で勝手に納得してしまったのです。

 

かかりつけの産婦人科に行きアフターピルを処方してもらいましたが、医者に「アフターピルは100%の避妊法じゃないからね!15%は妊娠する可能性もあるんだからね!」と言われました。

アフターピルも飲んだら妊娠しないと勘違いしていた私は、先生のその言葉を聞いていっきに心臓がバクバクなりだしました。

まさか〜と思いながら先生の言葉を思いだして緊張するということを3週間続けてまだ生理がこないとモヤモヤしていました。

思いきって妊娠検査薬を試してみると案の定陽性でした。

この時私は、一歳になろうとしていた息子が無事に保育園が決まりパートのお仕事をはじめたばかりでした。
いっきに環境がかわり日々の生活に慣れるのも大変なのにどうしようという気持ちでいっぱいになりました。

 

年子の育児は双子よりも大変と聞くし、入社したばかりの会社に申し訳ないし、お金の面もやっていけるかどうか…
子供を二人のもつという事は完全に自分のキャパを超えているとしか思えなかった私は、この時期そうとう悩みました。

すべて自分が招いた事なのですが、第二子の妊娠を受け入れられずに堕胎も考えました。

この時も家族や友達に励まされ、なんとか無事に二人目を出産する事ができましたが今思う事としては、妊娠を望まないときは低用量ピルを飲むという事。もしくはコンドームとアフターピルの併用という方法もあるという事。

毎日飲むのが面倒でも値段が高くても!私は、結婚していて夫も子煩悩な人なので子供が増えても結果幸せに暮らせていますが、これがもし少しでも違っていれば堕胎という悲しい道を選んでいたかもしれないです。

インターネットを使えばなんでも調べられるかもしれないけど、勘違いして覚えている事もあるかもしれないし情報は常に新しくなっていくので信頼できる人に相談するという事。
私と息子
そして、家族や友達を大切にするという事です。
たとえ話を聞いてもらう事しかできなくても救われることのが多いと思います。

今後また出産・育児が難しいタイミングでの妊娠を避ける為に、私は手間がかかる低用量ピルでは無くアフターピルを持っておこうと思いました。
『参考:アイピルと低用量ピルが持つ避妊効果って同じ?

色々見てみるとアイピルというものがあって、安全に使えそうなので買ってみました。

望まない妊娠から堕胎なんてことが起きない為にも、避妊も大切だと感じた出来事でした。

何時でもどこででも老若男女問わず可能な「ロングブレス呼吸法」

これは現在も毎日欠かさず、最低でも一日あたり一回はやっている私の日課ともいえる健康法にあたります。

今から約5年前の3月あたりに、あのTBSテレビ局がやっている中居正広さんが司会を務めているバラエティ番組「金スマ」にて放送をしていた、ロングブレス呼吸法をそれ以来、ずっと実践をしてきているような状態です。

 

正直、当時の金スマで観たあの元俳優業をされていた美木良介先生によるこの呼吸法の効果自体について、私はとても疑問を持っていましたが、本当にわずかな時間で出来る動作からなる呼吸法でしたので、当初は取り合えずやってみて確かめてみようという考えでした。

 

すると、実際にやり始めてから、それまでの疑問が日に日に無くなっていくような感じで効果が出始めましたので、本当に驚きました。

本当にとてもわずかな、大して激しい動作などもしたりはしないような呼吸法での一部始終という流れの内容といえます。

 

最初に約7秒間、肺一杯に鼻で息を吸う動作を行い、それから3秒間で一気に口から肺の中の空気を吐き出す、といった、とても簡単な呼吸動作になります。

立位で前後に足を肩幅1つ半分の広さで開脚した姿勢で行いますが、とくに無理な体位での姿勢ではありませんので難しさなども無く、老若男女問わす、誰にでも出来る点が大変良いところといえます。

もちろん下肢部分が不随状態である障害者の方などでも、上肢部分に何らかの障害などが無い限りは誰にでも出来るような方法のあり方になっていますので、その点でも本当にありがたい、美木先生が自らの重度の傷害を負い入院中に発案をされたオリジナルの健康法といえます。

 

そして、やり始めてから約3ヵ月目の頃に、気が付くと私の体重がそれまで87㎏であった状態が、69㎏になっていました。本当にこの事には、当時の私も大変驚かされました。
体重計

そして現在、2017年の5月半ばになりますが、仕事などの事情で多少は体重が増えたりはしましたが、毎日1回は必ず行うようにしています。
そしてさらに、この呼吸法自体がストレス軽減化にも効果があり、精神面においての衛生上での大変良い効果をももたらす事がわかりました。

 

健康状態などもそれまでに比べると大変良好であり、さらに2014年の11月以来、現在やってる非店舗型の自営業の立ち上げをしてある程度自分の時間を持てるようになったといったような事情もあり、心身両面においての健康衛生面をもある程度、自分で管理が出来るようになりました。
そうした面でも今、私はとても感謝をしています。

そして2012年の3月半ばにこの呼吸法を始めて以来、約5年とちょうど2ヵ月という月日が経ちますが、これを始めてから一度も後悔をしたような覚えがありません。

そのくらい私に自信を与えてくれたこの美木良介先生によるロングブレス呼吸法ですので、他の方へのお勧めといっても、決して過言ではありません。

 

ただ、最近の傾向としては、私自身もどうも怠け癖みたいな心が出て来たりしているようなところがありますので、その点で正直悩んでいるところなどもあります。

それでも心身両面での衛生上においてはとくに問題がありませんので、このまま無理をしない範囲で、必ず一日一回という原則を守りながら、以後継続をしていきたいと考えています。

 

確かに効果がありますが、怠け癖が付いたりしてしまうと元の肥満の体型へ、あっという間に戻ってしまうので、注意が必要です。毎日必ず1回という原則を守っていれば、問題はありません。