副作用が抑えられる

アフターピルを服用するにあたり副作用が強く出てしまう女性たちがいます。緊急で避妊をするために必要なアフターピルですが副作用に悩まされていたり、副作用が怖くて飲めないなとお悩みの女性もいるのではないでしょうか。

確かに副作用があるかも知れなくて不安な理由もわかりますがそれでは妊娠してしまう可能性がありますよね。出来るのなら極力副作用抑える方法を知りたいですよね。

今回は副作用と解決法について調べてみました。

ピルについて考える女性

アフターピルを服用する際にどうしても憂鬱になってしまう理由に副作用があると思います。毎回悩まされる副作用なぜ起きるのでしょうか?

原因はアフターピルの成分に含まれている黄体ホルモンの影響です。黄体ホルモンが体に摂取され子宮内の膜を剥がし始めます。

アフターピルには大量の黄体ホルモンが入っているために体が過剰反応を起こしてしまうので副作用がおこってしまうのです。

でも個人差があるために副作用がおこる人とおこらない人がいるのです。

副作用はなるべくない方がいいですよね。そんな場合は痛み止めを服用してみてください。

副作用はアフターピルを服用後2、3時間後におこることが多いため吐き気がしたら吐いてしまう前に吐き止めなどを服用しましょう。

アフターピルを服用後2時間以内に吐いてしまうと効果が無くなってしまいます。気をつけましょう。

とはいうモノの、副作用でアフターピルを2時間以内に吐いてしまった方は焦らずにもう一度アフターピルを服用すれば大丈夫です!

アフターピルの服用を怖がらないでください。アフターピルはあなたの強い味方です。

副作用も鎮痛剤を併用すれば怖くないです。きっとアフターピルが避妊を回避してくれるでしょう。